校章

飯田市立飯田東中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0051 飯田市高羽町3-16 TEL 0265-22-0480 FAX 0265-22-0481

飯田東中学校

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

学校目標「自主」の育つ場とは?

ca3a0921001 20(日)土曜日、飯田スイミングをお借りして、本校「水泳部」の皆さんが7月5日(日)に行われる中体連南信大会にむけて、自習練習を行いました。4名の「水泳部」員が1時間15分の間、ムダやたるみの一切ない、引き締まった練習を目の前で見せてくれました。

 「水泳部」と、なぜ「」づきで表すのか?それは、本校には正式な部活動として水泳部が存在しないからです。今回、中体連南信大会に出場する4名の皆さんも、校内では別の部活動に所属しています。しかし、同時にスイミングクラブに所属し、週に何日間もの厳しい練習を重ねているのです。

 本校には実は、「水泳部」以外にも、「新体操部」「陸上部」も存在しています。この「部」に所属している生徒の皆さんは、それぞれクラブチームや自主的な練習を重ねる中で実力を高め、中体連の大会には「飯田東中学校」の代表として参加しています。また、中体連加盟の部活動以外に、バレエやバトンなどの競技にいそしんでいる生徒の皆さんも、実はいるのです。

ca3a0919 「水泳部」の皆さんの練習する姿を見ながら、ふだん見知っている生徒さんであるにもかかわらず、その言動が、何かすごく大人びて見えることに気づきました。今回、執筆子はたまたま、「水泳部」員のKさんやTさん、Sさんに「先生、練習を見に来てよ」と誘われて、単純にその場に居て、ただ見ていただけの役目です。ですから、「水泳部」員の皆さんは、純粋に彼らだけの思考と判断に従って、1時間15分間の練習時間を充実したものにしたわけです。どうして、こんな自主性に富んだ姿が生まれたのでしょうか?

 ふと、プール脇のホワイトボードに貼られた言葉が目に入りました。「ああ、これか」と思いました。そこには、こんな言葉が記されていました。

 今こそ出発点

 人生とは毎日が訓練である

 わたくし自身の訓練の場である

 失敗もできる訓練の場である

 生きているを喜ぶことのできる訓練の場である

 今この幸せを喜ぶこともなく

 いつどこで幸せになれるか

 この喜びをもとに全力で進めよう

 わたくし自身の将来は

 今この瞬間 ここにある

 今ここで頑張らずにいつ頑張る

 「水泳部」の皆さんは、この言葉の尊さを知っているコーチや仲間たちと、学校ではない「学校」で、日々学びを深めているのでしょう。そして、その学びを学校でも活かし、伸ばし、豊かにしているからこそ、「先生」に象徴される「大人」に頼ることなく、「わたくし」を頼りとして話しあい、支えあい、動くことができたのでしょう。

 本校の学校目標の1つである「自主」の現われを、蒸し暑い屋内プールの中で確かに見ることのできた1時間15分に感謝です。

 「水泳部」の皆さん、そして、その他の競技・活動で「飯田東中学校」代表として頑張っているすべての皆さん。晴れ舞台での健闘を祈ります。

※「今こそ出発点」は、臨済宗大徳寺派 大徳寺塔頭大仙院の尾関宗園さんの言葉です。詳しくは、http://www.b-model.net/daisen-in/ikinodojyo.htm

ページの先頭にもどる