校章

飯田市立飯田東中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0051 飯田市高羽町3-16 TEL 0265-22-0480 FAX 0265-22-0481

飯田東中学校

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘PTA’ カテゴリーのアーカイブ

7月~8月の飯田東中学校 ―生徒も職員も暑い中頑張っています―

1 1学年阿南キャンプ(7月10~11日)

 1年生86名が、郡内阿南町でキャンプ。

1日目。施設での木工制作、ウォークラリー、飯ごう炊さん、キャンプファイヤー。

2日目。阿南町新野での探求学習。「山野草・即身仏“行人様”」「農業」「伝統食(御幣餅)」「新野の盆踊り・雪祭り」グループにわかれて見学・体験学習。4年目になる取り組み。新野地区の皆さんのご協力のおかげで、本年度も豊かな学習に。

 

2 職場体験学習・福祉体験学習(東野の時間:総合的な学習の時間)第1クール(7月10~11日)

 2年生・3年生が、職場体験学習・福祉体験学習に取り組む。

飯伊地域各所で、2日間の体験。自分の個性を知るために、また福祉とは何かについて考えるために、体験を通じて学ぶ貴重な機会。次回は、8月27~28日の2日間。

 

 

 

3 2学年西駒ヶ岳登山(7月20日)

 2年生83名が、中央アルプスの西駒ヶ岳に登山。

大雨に降られることなく、無事に登下下山。千畳敷までロープウェーで上がり、八丁坂~中岳~西駒ヶ岳山頂は徒歩。

本年度、日帰り登山として実施。

 

 

4 バドミントン部北信越大会出場。壮行会行われる(7月26日)

 バドミントン部の4名が、8月8日に松本市で開かれる中体連北信越大会に出場することとなり、壮行会行われる。4名の健闘を祈って、全校挙げての応援、熱を帯びる。

 

 

 

 

5 1学期終業式(7月26日)

 1学期終業式。登校日数、76日間(2年生のみ77日間)。

大きな事故、ケガなく過ごせたことが何よりの幸い。

壬生学校長より、当たり前のように平和に暮らせることの有り難さをかみしめたい、との講話あり。「焼き場に立つ少年」(ジョー・オダネル氏撮影)紹介される。少年の眼差しの「むこう」に思いをはせたい。

 

 

6 親子並木作業・第50回東中会(7月29日)

 りんご並木で、朝6:30より親子並木作業実施。多くの保護者の皆さんのご参加により、飯田りんごん前にりんご並木をきれいに整えることができた。

午後、職員は第50回東中会に参加。東中会は、本校在職経験者によって作られた研修団体。本校勤務経験者からの講話、本校職員による研究発表、情報交換会などが行われる。

 

 

7 吹奏楽コンクール(7月22日)、NHK学校音楽コンクール地区大会(8月2日)、人形劇部公演(8月3日)

 吹奏楽部が、吹奏楽コンクール南信B大会に出場。銀賞受賞。

有志合唱団(昨年度より結成)が、NHK学校音楽コンクール地区大会第二部に出場。優秀賞受賞。

人形劇部が、人形劇フェスタにあわせて公演。

 

 

8 飯田りんごん参加(8月4日)

 第31回飯田まつり(飯田りんごん)に約230名が参加。りんごん踊りに2つの連(飯田東中学校A・B)合計160名が、東日本大震災被災地復興支援のためのアルミ缶回収活動に70名が参加。飯田東中学校Aがりんごん調和賞受賞。アルミ缶回収活動では、1万個を越えるアルミ缶が集まった。ご協力いただいた数多くの地域の皆さんに、多謝。

 

 

 

 

9 職員研修会行われる(救命講習会・読み合わせ会・先輩の話を聴く会)(8月8日)

 午前中3時間は、飯田広域消防羽場分署の方々を講師に、救命講習会を実施。ダミー人形を用いて、胸部圧迫・人工呼吸法による心肺蘇生法を学ぶ。

午後は、『西田幾多郎随筆集』(岩波文庫)を用いての読み合わせ会。「三宅真軒先生」「私の『人格の世界』について」を当番学年が朗読、レジュメをもとに解説。意見交換を行い、学問へのむきあい方や「非連続の連続」「私と汝とが絶対否定を通して限定する歴史的世界」など、西田哲学独自の概念についての理解を深めあった。その後、先輩の先生2名から、初任地であった秋山郷での教育について、フィラデルフィア補習授業校についてのお話あり。

 

ページの先頭にもどる

地域の皆さん 保護者の皆さん ありがとうございました

ca3a0925 21日(日)は、朝からどしゃ降りの雨。この日に予定されていた資源回収は、前もって延期となっていました(インフルエンザ対策のため)。しかし、地域の皆さんへお知らせを事前に差し上げていたこともあり、本校職員とPTA施設部の皆さんが中心となって学区内を手分けしてトラックで廻り、収集場所に出された資源物の回収を行いました。

 

ca3a0924 容赦なく降りつける雨には執筆子も閉口しましたが、天候に文句を言ったところで、雨あしが弱まったり、止んだりするわけでもありません。ずぶぬれになりながら、学区内を同僚のS先生と廻りました。

 この悪天候のせいでしょうか、ちょっとした気遣いが嬉しく、実に身に沁みました。激しく降りつける雨に、出した資源物が濡れないようにと、軒下にわざわざ資源を出して下さった方。体調が思わしくないのにもかかわらず、今日のために資源物を整え、やはり雨に濡れないようにガレージの中に置いて下さった方。さらには、雨に濡れるのも厭わず、学区内各所から集めてきた資源物を、学校の資源物回収室に運び入れて下さる保護者の皆さん。

 「PTAの決められた行事だから」という一言では説明がなかなかつかない、気遣いと「愛他」の気持ちに満ちた、ごくごく自然なふるまいやかたち。こういったものが満ちる地域こそ、かの岸田國士の残した名詩「飯田町に寄す」に詠われた「丘の上」のあり様なのでしょう。

 (前略)

 飯田 ゆかしき町

 家々みな奥深きものをつつみ

 ひとびと礼にあつく

 軒さび甍ふり

 壁しろじろと小鳥の影をうつす町

 (中略)

 よそほひはかたちにあらず

 美しく 静かに

 ゆかしく 豊かに

 おんみの心をこそ新しくよそほひたまへ

image0022 午後になると、午前中のどしゃ降りが嘘のように、梅雨の晴れ間が「丘の上」の頭上にも広がりました。「丘の上」が心なしか、「美しく 静かに ゆかしく 豊かに」見えたように、執筆子には思われました。

ページの先頭にもどる

「良い学校づくり」のための協同的な歩み

ca3a0891 10日(水)夜、本校1棟2階中会議室は、にぎやかで和やかな雰囲気に包まれていました。夜7:30から行われた、PTA学級学年部の研修会が行われていたからです。

 講師は、南信教育事務所飯田事務所指導主事・高坂徹さんでした。軽妙な語り口と、テンポの良い進め方、体験的な活動を取り入れた飽きさせない工夫で、1時間の研修の時間が、瞬く間に過ぎていきました。参加をされていたPTA役員(学級会長さんや副会長さん方)の皆さんも、これからのPTA活動で活かせる「お土産」をたくさん得られたのではないかと思われました。

ca3a0889 それにしても、PTA各部会の役員の皆さんには、本当に頭が下がる思いです。お勤めが終わってから、それこそ夕食真っ盛りという時間帯に、学校まで集まっていただき、その上、2時間近くの会議になることも、まれではない。まさに、本校の学校目標「自主」「愛他」の具現化された姿、そのものに思われます。本当に、ありがたいことです。「ともどもに歩む学校づくり」、あるいは本校校長が常々口にする「良い学校づくり」を、根幹で支える部分が、こういった保護者の皆さんの献身的なお姿です。

 

e5ada6e6a0a1e69599e882b2e79baee6a899 学校目標とは、その学校が目指すべき生徒の姿を端的に示したものです。本校の学校目標は「聡明」「自主」「愛他」の3つです。しかしこの3つは、単に生徒たちの目指すべき姿ではなく、私たち教職員はもとより、その生徒さん方を産み育て、また今後の伸ばし続けていただくご家庭においても、同じように実現を求められる生き方を示すものとも言えると思います。

ページの先頭にもどる