校章

飯田市立飯田東中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0051 飯田市高羽町3-16 TEL 0265-22-0480 FAX 0265-22-0481

飯田東中学校

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2014 年 10 月 6 日 のアーカイブ

学芸会が行われました

平成26年度 飯田東中学校 第68回学芸会 9月26,27日(金、土)

テーマ 創造 ~初心を忘れず、新たな挑戦を~

9月25日の校長講話で

飯田文化会館と飯田東中学校に置かれるピアノは、浜松市のフルーツパークに、飯田東中学校の生徒が植樹したことをきっかけに、送られたものです。この時、浜松市の栗原市長の、「秋が来て、りんごが実ってもその実を盗る人がいない」という心を分けていただきたい、との話から、飯田東中学校の生徒が植樹に参加しました。 私たちの、りんご並木の心からいただいたピアノで学芸会が行われます。このピアノの持つ「命」を存分に発揮させたい。ピアノの持つ「命」とは「音を奏でる命」「並木の心」です。

校長先生のこのようなお話があって、学芸会を迎えました。

学友会長は「学芸会に向けて『初心・挑戦・創造』を大切にした活動を行ってきました。全校259名が、学芸会後に成長できればその姿が創造した姿であり、飯田東中学校の創造である」と開会式で話し学芸会が始まりました。

学芸会実行委員長は、学芸会の3つの挑戦を

・クラスで団結する大縄・合唱練習目標設定

・被災地への思いを再確認するアルミ缶・牛乳パック収集プロジェクト100

・会員みんなが目標を明確にすることで積極的な参加につながる「みんなの初心・挑戦・創造

と設定しました。

学級通信より学芸会H26

○目標のクラス合唱では、今までの課題に気をつけて歌うことができた。大縄跳びでも、クラス一丸となって練習で跳んだことのない最高回数を出せたのでうれしかったです。(2年)

○ぼくはこの学芸会に向けて全校生徒全員が協力し合い作り上げたことが創造だと思いました。次は自分達なので、先輩たちのように泣ける学芸会にしたいです。(2年)

○学芸会2日目をむかえました。「2日目になると、学芸会は終わってしまう。」と頭の中で考えてばかりいました。音楽会では、金賞をとれたのでよかったです。有志発表もすてきだなと思いました。環ボラのアルミ缶の個数も9万個もいって驚いてしまいました。(3年)

実行委員長 閉祭式のことば

今年は初めての試みである「学芸会3つの挑戦」を柱に、準備を進めてきました。校舎には合唱やアルミ缶回収の呼びかけがいつよりも大きく響き、グラウンドには学友会企画の練習のかけ声が広がりました。そんな全校の雰囲気に後押しされるように学芸会の形が見えてきました。この2日間、教室や体育館、グラウンド、そしてこの文化会館には、1人1人の努力の結晶が光り輝きました。その隣には、みんなの最高の笑顔があって、全校が1つになっていることを実感しました。僕の目指していた全校全員で創る学芸会は、達成されたのではないかと思います。

学芸会前に自分で立てた目標を覚えていますか。振り返ってみてください、自分は目標に向かってどんな行動を起こすことができましたか。紙に書いた目標が初心、それに向けて努力する姿が挑戦、そして、学芸会の2日間が創造です。学芸会全体としては、全員で準備に取り組み、当日には笑顔が見られました。この笑顔や達成感こそが創造なのだと思います。 学友会スローガン、創造の集大成である学芸会が無事終わります。寂しい気持ちもあるけれど、こんなすばらしい会になったことがとても嬉しいです。学芸会を運営していく上で、様々な壁が立ちはだかることもありました。それでも乗り越えてここまで来られたのは、役員や、先生方、保護者の皆さん、そのほか学芸会を支援してくださったたくさんの方の支えがあって、生徒の皆さんの協力があったからです。今年の学芸会は、並木60周年記念でも学校創立70年記念でもない、普通の学芸会だったけれど、僕にとって最高の学芸会でした。みなさん、本当にありがとうございました。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->