校章

飯田市立飯田東中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0051 飯田市高羽町3-16 TEL 0265-22-0480 FAX 0265-22-0481

飯田東中学校

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2012 年 6 月 のアーカイブ

心で感じる古都 未来へつなげる平和への思い~平成24年度修学旅行~

4月24日~26日に本校3年生91名が修学旅行で広島・京都・奈良へ行ってきました。

修学旅行のスローガンを「心で感じる古都 未来へつなげる平和への思い」とし、2学年の2学期から事前学習を積み重ねてきました。広島学習では、事前に映像を使っての学習、広島原爆資料館からお借りしたパネルでの学習などをしてきました。京都については、公共交通機関を使って班別行動だったので、ルートの設定、使う交通機関の決定など、時刻表や本とにらめっこしながら、班で学習を進めてきました。奈良は、資料を使って見学する東大寺・法隆寺を中心に学習を進めてきました。

当日、朝早く飯田を出発し、一行は名古屋へ。名古屋から新幹線で広島へ。広島駅からは路面電車で原爆ドームに向かいました。飯田では見ることが出来ない路面電車に驚いているようでした。ドーム前で電車を降り、すぐに原爆ドームが見えました。その後、被爆された方から当時の様子についてお話をいただいたり、原爆ドームの見学をしたりしました。お話の中では原爆が落ちた直後の広島の様子が克明に語られ、私達の想像よりももっと凄惨な光景であったことが分かりました。原爆資料館では多くの遺品を目にして、当時の様子を知ることで、67年前の広島に思いを馳せる生徒たちの姿がありました。

 

 

 

 

2日目の京都では、朝8:00から班ごとに事前の計画に基づいての班別行動でした。予定通りいったこと、そうでなかったことがあったようでしたが、どの班にとっても思い出深いものとなったようです。班別行動から帰ってきた生徒たちの手には、沢山のお土産がありました。今回の旅行では、宿泊した旅館が京都駅前にあり、その立地を生かして、夜の京都駅の見学もおこないました。また、京都駅の設計をした原広司さん(東京大学名誉教授)は本校の卒業生でもあります。生徒たちは、先輩が設計した現代の建築物のすばらしさ、夜景の美しさに感嘆の声を上げていました。

 

 

 

 

3日目は奈良に向かいました。東大寺、興福寺、法隆寺が目的地です。東大寺に着くと、たくさんの鹿に迎えられました。いきなりの鹿の登場にびっくりしている人、おそるおそるなでる人、リアクションは様々でしたが、皆楽しそうでした。そして大仏殿へ。想像よりもずっと大きくいらっしゃる大仏様にびっくりする生徒たち。きっと一生忘れないことでしょう。その後も興福寺国宝館や法隆寺で仏像・建築に触れ、先人の思いを感じることができました。

 

 

 

 

今回の旅行を通して、学年の結束を強めることができ、これでやっと3年生になったという実感が湧いてきました。学校の顔である3年生の自覚を持ち生活していきたいと思います。また、旅行で学んだきた、先人の思いや平和への思いを多くの人に知ってもらえるように方法を考えて発信をしていきます。

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->