校章

飯田市立飯田東中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0051 飯田市高羽町3-16 TEL 0265-22-0480 FAX 0265-22-0481

飯田東中学校

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2009 年 7 月 13 日 のアーカイブ

為すことによって学ぶ ―総合的な学習の時間への取り組み―

 本校では、伝統的に「行」「体験」「実践」を通じた学びを大切にしてきました。そんな意味でも、総合的な学習の時間は本校にとって、極めて大切な意味を持つ時間です。

 本校の総合的な学習の時間には、①「学校総合」として、「りんご並木」への関わりを通じた学習、②「学年総合」として、地域を探究する学習(1年)、職場体験学習(2年)、福祉体験学習(3年)、という大きく2つの柱があります。

cimg1612 ①「学校総合」としての「りんご並木」への関わりを通じた学習では、「りんご並木」誕生の初心である「中学生の街づくりへの参画」というキーワードを軸に、本校(生徒・職員・保護者)が活力ある地域の担い手として主体的に活動し、その中で学校目標の1つである「自主」の態度や、「丘の上」というふるさとを愛する心=「愛他」の態度を培うことを大きなねがいとしています。

 ②「学年総合」として、それぞれの学年ごとに実践されている学習には、「学び方を学ぶ」というねがいの他に、さまざまなひと・もの・こととの関わりの中で「ともに」学び、みずからのあり方や生き方を問い、創りあげていってほしいというねがいがあります。

dsc00622 1年生は、阿南キャンプ(8月19~20日)の2日目、下伊那郡阿南町新野地区を訪れ、約3時間ほどの「探究の時間」に取り組みます。新野地区は、長野県の最南端に位置する地区で、「新野の雪まつり」「新野の盆踊り」といった古式ゆかしい祭り、豊かな自然や食文化、南信州を代表する観光地として知られます。生徒たちは、6つのテーマにわかれ、グループの仲間と「ともに」調査や体験活動を通じて、新野地区の魅力に迫ります。現在、そのための事前学習に取り組んでいます。

ca3a0979 2年生は、「私を知る ―社会の一員としての私―」のテーマのもと、7月14日・15日の2日間連続・同一職場での職場体験に取り組みます。事前学習として、自分が体験先に選んだ職種についての調査、職場の方に事前送付する「履歴書」作り、職場への事前連絡などに取り組んできました。2年生の職場体験で大切にしようとしていることは、職場体験を「通して」ひとり一人の生徒の皆さんが、「私(とはいかなる個性を持った人間なのか)を知る」ということを、社会(世間)とのつながりの中で見出す、ということです。この2日間の体験を「通して」、2年生の皆さんがどのような成長を遂げるのか、実に楽しみです。

dsc00623 3年生は、「一期一会 福祉体験学習」のテーマのもと、7月14日・15日、8月19・20日の合計4日間・同一施設での福祉体験に取り組みます。事前学習として、福祉施設の職員の方からの講演会、施設の方に事前送付する「自己紹介カード」作り、職場への事前連絡、さらには先日のブログにもあったような、ケーススタディを取り入れた学習にも取り組んできました。3年間の学校生活の中で、クラスや部活動・家庭で培ってきた「愛他」の態度が、それぞれの具体的な現場で抜き差しならぬものとして問われるとともに、自分の中に巣くう人間的な弱さや怖さにも向きあうことになるのではないかと思います。4日間と言う豊かな体験時間から、汲めど尽きせぬ「新しい自分」との邂逅を果たしてほしいとねがいます。

 いわゆる9教科の学習時間が平成24年度からは増加するのにしたがい、総合的な学習の時間は削減されることになります。しかし、「為すことによって学ぶ」ことの価値を校風の核心に据えて歩んできた飯田東中学校においては今後も、総合的な学習の時間の持つ意味は、重くなりこそすれ軽くなることはないでしょう。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->