校章

飯田市立飯田東中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0051 飯田市高羽町3-16 TEL 0265-22-0480 FAX 0265-22-0481

飯田東中学校

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2009 年 6 月 12 日 のアーカイブ

心と心が呼応したステキな壮行会

ca3a08951 12日(金)の放課後、中体連下伊那大会壮行会が行われました。

 応援団長M君の校旗先導のもと、吹奏楽部の皆さんが演奏する「栄光の架け橋」のメロディーに乗せて(吹奏楽部の皆さんのご苦労とがんばり、本当に立派でした。ステキな演奏をありがとうございます)、選手団は堂々と体育館に入場しました。大人っぽい体つきの3年生選手の中に混じって、かわいらしい姿の1年生選手もちらほらと見えました。

 

ca3a0903 エール・応援歌・校歌の後、各部代表の挨拶がありました。各部とも、工夫とやる気と緊張感に満ちた挨拶が続きました。見ていて、本当に清々しい気持ちになりました。以前にも書きましたが、「本物の中学生が、やはり東中にはいるなあ」と再確認しました。

 北澤校長先生からは、大変大きく力のこもった声で、選手団への激励の言葉がありました。

 

ca3a0905 一つ 勝負にこだわれ

 一つ 下をむくな

 一つ 歯をくいしばって、球を拾え、球を追いかけろ

 一つ 眼光鋭く 相手をにらめ

 一つ 走って 走って 走り抜け

 一つ 負けたら悔いが残る 勝利にこだわれ しかし、敗れて結果が出たなら、堂々と学校へ帰れ

 選手の皆さんにはぜひ、この言葉を肝に銘じて、それぞれの競技で、それぞれのせい一杯を尽くしてほしいと強く願います。

ca3a0901 選手団代表のS君からは、選手団降壇直前、中体連下伊那大会の「応援ポスター」を描いてくれた美術部の皆さんへのお礼の言葉もありました。このことは、本校の学校目標の1つである「愛他」の気持ちが、まさに呼応した瞬間であったと思います。こういった雰囲気のあふれる学校の部活動こそ、「真の勝利者」たる資格があるのだと思います。

 がんばれ、「真の勝利者」たる資格を持つ、東中生。

ページの先頭にもどる

根源を尋ねる ―福島稔先生のご逝去を悼む―

ca3a0907 本校職員室後の掲示板の片隅に、1枚の色紙額が飾られています。そこには、次のような言葉がしたためられています。

 「前のやり方を ただ続け伝えるでなく その根源を尋ね 伝承する  福島稔」

 本校に奉職したあまたの教職員が、この1枚の色紙にしたためられたこの短い言葉に、多くの啓示や勇気、やる気と気迫、自己再生への活力を与えられたに違いありません。執筆子自身、先輩のある先生から、この色紙との感動的な出会いのお話をうかがったことがあります。そして、執筆子自身、この言葉によって、本校での教育活動への取り組みに大きな示唆をいただいた一人でもあります。

fukushima この色紙の言葉を残された福島稔先生は、本校第7代学校長(昭和51年~54年)を務められた方です(その後、飯田市教育長をお勤めになられました)。その福島先生が、6月9日(火)に90歳の天寿を全うされ、浄土に旅立たれました(ご葬儀は、12日(金)市内伝馬町の西教寺で営まれました)。

 今日のご葬儀前、ご火葬に向かわれる際には、本校傍をお通りになったそうです。その時、福島先生の遺影は、本校を見つめながらお通りになったそうです。特別な思い入れを、飯田東中学校に寄せておられた由、職員連絡会で学校長より伝え聞きました。

 福島先生が学校長をお勤めになられた時期は、本校創立30周年の時期にあたります。まさに本校が、人生における「中堅」とも言える年齢にさしかかった時期と重なります。そんな時、福島先生は「歴史に学ぶ」ことの大切さを、あの短い言葉の中に凝縮して表現され、後世に続く者のために残されたのだと思います。

 本校では、良いにつけ悪しきにつけ「伝統」と言う言葉が、極めて大きな意味を持ちます。そんな本校においては、「伝統」というものをどのように捉えるのかは、本校における教育実践の成否を握る問題と言えます。そんな時、「伝統とは何か?」を、「今」だけを見つめて考えていても、何ら本質的な見解は得られないのではないかと思います。やはり私たちは、「その根源を尋ねること」=「歴史に学ぶこと」によってしか、「今」と「これから」を考える「羅針盤」を見出すことはできないと思います。単純な意志決定を拒む現代社会においてはなおさら、教職員の歴史眼の確かさが求められるのではないかということを、福島先生の残された言葉は、静かにしかし重く、私たちに問いかけているように思われてなりません。

 福島稔先生のご冥福を、心よりお祈り致します。

ページの先頭にもどる

東中の宝② ―「志道」―

0053_r 本校職員玄関入って左手の壁面に、雄渾な筆跡の大きな書額が掲げられています。書かれた文字は、「志道」の二文字。揮ごう者は、『飯田東中学校五十年史』によると、山岡鉄舟(1836~1888)。「幕末の三舟」(鉄舟のほかに、勝海舟と高橋泥舟)と呼ばれた、幕末維新期を代表する政治家・武道家です。

 「志道」とは、剣道の世界の言葉のだそうです。鉄舟自身、一刀正伝無刀流の開祖として知られる、剣の達人です。その鉄舟が、この「志道」の言葉を選び、書にしたためた真意は、どのようなものだったのでしょうか。また、この書の来歴はともかく、この書が本校の玄関に、旧校舎の頃から掲げられていたことの真意は、どのようなことだったのでしょうか。

ca3a0818001 想像力をたくましくすると、次のようなことが言えるかもしれません。「志道」とは、剣道における習熟の段階の、「もっとも初め」を意味する言葉です。その段階を紹介すると…

 ①志道(その道に志すこと)→②入門(その道の門をくぐること)→③初心(その道における初心者の段階)→④未熟(熟練の前段階)→⑤熟練(上達の前段階)→⑥上達(その道における上位に達した状態)→⑦絶妙・精妙(その道における一流の状態)→⑧円満(その道において満ちて欠けるところが一つもない状態)

sidou つまりは、学校と言う「学びの場」の「門」である玄関に、「志道」の額が掲げられているのは、「学ぼうとする意志を確かに持って、本校の門をくぐれ」という呼びかけに他ならないのではないか、ということです。

 明日は中体連下伊那大会です。3年生の皆さんにとっては、月並みな表現ですが、中学校生活最後の中体連夏季大会です。2年前、「志道」の段階を経て「初心」を持ち、やる気と意気に燃えて部活動に取り組み始めた時のことを思い出して下さい。そして、勝敗は別にして(もちろん、試合中は勝負にとことんこだわって下さい)、心根と気概において「円満」の境地で、部活動の締めくくりを行えるような、大会への参加を期待したいと思います。

(写真最下段は、旧校舎正面玄関に掲げられた「志道」の額。『飯田東中学校三十年史』より転載)

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->